ad5af7e447793a5e84337579166d2f39_s

こんにちは。

富山のフロント接客トレーナー、古岡めぐみです。

 

 

8月23日(水)朝6:00~

高岡市倫理法人会、経営者モーニングセミナーで講師をつとめます。

 

 

富山の接客業の方、大歓迎!!

顧客満足度アップを本気で考えている方、大歓迎です!!

人材育成でお悩みの管理職、リーダー、大大大歓迎です!!

 

 

なぜなら、今回の講話テーマは

企業活性化の決め手、「あいさつ」だからです。

 

 

今回のテーマ「あいさつ」は、倫理法人会の重要な行動指針のひとつでもあります。私が本当に大切にしたいことであり、広めたいことでもあるので、このテーマでお話することを決めました。

 

 

「いつも接客マナー研修で話していること?」とか「仕事の宣伝?」と思う人もいるかもしれませんね。まあ、テーマがテーマなので、正直に言うと、多少絡む部分はあります^^;

 

でも、そもそも研修と講話は違います。ミニ講座だと思って参加されると期待はずれになるので注意してくださいね。

 

 

講話のゴールは気づき、わくわく、GO!GO!

 

講話を組み立てるときは、「自分が伝えたいことは何か?」と「相手が聞きたい話は何か?」を掛け合わせて共感ポイントを考えていきます。具体的には、自分が経験した「気づきの瞬間」をベースに作っていきます。影響を受けた言葉、出来事って、「気づき」があったからなんですよね。なので、その背景から今の自分との差を話していくことで、共感が生まれやすくなります。

 

何の気づきもない、共感もない、おもしろくない講話だったら・・・それは私の実力不足です。そのときはごめんなさい。

 

でも、そうならないように、講師依頼を受けたら、毎回台本を作ります。それは私の仕事観として「喜んでいただきたい」、「感動していただきたい」という想いを届けるために時間と手間をかけ努力するというものがあるからです。

 

私が講話台本を作る理由

 

伝えたいことだけ、箇条書きにしておく台本でもいいんでしょうけど、私は一語一句書きだすタイプ。それには理由があります。

 

 

実は「パッと思いついたことに対して、気の利いた表現が出来ないから」なんです。講師として致命傷すぎますね^^;

 

でも、講演(講話)でこれが出来る人って、そもそも頭の中にネタがすでにいくつもストックされていて、その場の雰囲気や状況に応じて引き出している経験値の高い人だと思います。

 

私には、まだまだ即興力、伝える表現力、経験数が足りていないので、事前に準備します。一語一句書きだすことで、本当に伝えたいことが固まってきます。そして、漠然とした不安が解消されて、自信に変わってきます。

 

倫理法人会には信成万事という学びがあります。万人幸福の栞という黒い本から一部引用します。

自信のないことは失敗する。練習するということは、その仕事なり、競技なりに慣れて間違いのないようにするのが、その形から見たところで、その実は、信念をつけるのである。信念をねりかため、ねりあげるのである。きっと出来るぞ、きっとやるぞ、と動かぬ信念がそのことを成就させる。

 

だから「つたない話を聞いてください」なんて、思ってません。参加無料のセミナーですけど、参加者さまの貴重なお時間を頂いている以上、自信を持って「是非きてください!」と言えるところまで作ります。(と、自分でハードルを上げて苦しんでるタイプです。笑)

 

ということで、ご参加お待ちしてます!!

「気づき」と「実践」のきっかけになる講話に、是非ともお越しくださいませ^^

以下、詳細です。

 

第512回 高岡市倫理法人会 経営者モーニングセミナー

講話テーマ:企業活性化の決め手「あいさつ」

日時:8月23日(水) 朝6:00~7:00

場所:高岡商工会議所商工ビル7F

住所:高岡市丸の内1-40(広小路交差点すぐ)

参加費:無料

倫理プロフ写真

 

参加希望の方はFacebookをご覧ください

 

朝目覚めたら、高岡商工会議所へレッツゴーです!!

楽しみにお待ちしております^^