【元ホテルフロントスタッフが髪型マナーを解説】男女別髪色、パーマ、長さは?

こちらのブログは、ホテルフロント勤務14年の元ホテルマンである古岡めぐみが、さらなる接客向上を考えている方や接遇マナー研修をお考えの方向けに執筆しております。

今回は基本マナー編です。

こんにちは。接遇マナー講師の古岡めぐみです。

ホテルフロントスタッフはホテルの顔。第一印象で好感を持たれ、信頼されるには、常に身だしなみを整えておく必要があります。

とはいえ、身だしなみを意識しつつ、オシャレもしたいですよね。今回はホテルフロントスタッフの髪型マナーについてお伝えします。

のアイコン画像

髪は染めてもいいのか?
パーマはいいのか?
長さの指定はあるのか?

ホテルで14年働いた経験を元に解説しますね^^

目次

ホテルスタッフは茶髪はOK?

ホテルの方針によりますが、今まで私が働いてきたホテルは女性の茶髪はOKでした。もちろん、過度な染髪はNGです。身だしなみのポイントである①清潔感、②上品さ、③控えめ  この3つを満たしている事が髪染めの条件です!

画像出典:https://www.beautyexperience.com/bexjournal/hair-color/7663

この写真のようにヘアカラーのレベルスケールを用いて、どの色までならOKと定められている事が多く、レベル7前後が許される範囲です。(ホテルの規定によります)

男性で髪染めをしていた人は、今まで1人もいなかったですね。男性は黒髪のままが無難です。

パーマをかけても大丈夫?

私が働いてきたホテルは、男女ともにパーマの規定があったのかは分かりません^^;パーマをかけているフロントスタッフは一時期いたようないなかったような・・・というくらい記憶がないです。

お辞儀をしても髪がパラパラ落ちてこないですし、耳が出ていて派手なパーマでなければ問題ないかと思います。パサつきが目立たないように、整髪料でヘアセットしましょう。

髪の長さは指定ある?

男女ともに前髪は目にかからない長さ、後ろ髪は肩にかからない長さが基本です。前髪が長い方はピンで留める、整髪料で固めるなどして、接客中に前髪を触らないようにしましょう。

後ろ髪は肩にかからないように、ヘアゴムやシュシュでまとめたり、ロングヘアの方は夜会巻きをしたりシニヨンでお団子にしたりして上品に見えるようにしましょう。

コロナ禍の今は特に、前髪を真っすぐ下ろすと、マスクでの接客で目元しか見えません。ショートやボブの方も、ロングヘアの方も、前髪を分けておでこが見えるようにすると、表情が明るく見えます

男性も同様です。ワックスやジェルをつけて髪を整え、おでこと耳がすっきり見える髪型にされると好感や信頼感を持たれますよ^^

ヘアゴムの色やシュシュ、シニヨン、コームの色や飾りは?

髪をまとめるためのものは、全て控えめの色にしましょう。例えば、黒、茶、紺色です。写真のようなゴールドやパールの飾り付きのコームはNGなホテルが多いです。

シンプルが一番です!

以上、ホテルフロントスタッフの髪型マナーについてお伝えしました。

身だしなみの基本は「相手を不快にさせない」です。ホテル勤務中は身だしなみを優先して、プライベートの日にオシャレを楽しみましょう!

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

目次
閉じる