石川県・富山県の接遇マナー研修講師、古岡めぐみのプロフィール

富山マナー講師古岡めぐみ

古岡 めぐみ(フルオカメグミ)

接遇マナー研修講師。

ホテルマン歴14年、沖縄リゾートホテル・大阪シティホテル、富山のビジネスホテルのフロント勤務経験を持ち、ホテル専門学校ホテル科非常勤講師としてホテルスタッフ養成に携わる。

企業や学校から接遇マナー研修、接客向上研修、ビジネスマナー講座、面接指導などの依頼を受け、リピート依頼多数。

実際に現場で働くスタッフとしての視点と外部講師としての視点でのアドバイスがリアルで、“目に見えて結果が出る”と好評。

【研修研修/講演/セミナー実績】

ビジネスホテル(富山市、水戸市、南砺市)
証券会社(富山市、高岡市)
保険業(富山市、高岡市)
IT企業(富山市)
飲食店(射水市、砺波市)
自動車ディーラー(富山市、小松市)
バス会社(富山市)
デイサービス(射水市、河北郡津幡町)など
高等学校(富山市、高岡市、砺波市、魚津市、黒部市、金沢市、白山市、小松市、七尾市)
倫理法人会(富山市、高岡市、小矢部市、白山市、奥能登)

【メディア実績】
・小学館webメディア「Oggi.jp」
「現役ホテルマンに習うマナーの神髄」連載

・小学館「Precious.jp」webサイトにて取材記事掲載
「ビジネスマナーの専門家3人が明かす10の作業効率アップ習慣」
「元ホテルマンが教える!高級ホテルのチェックイン・チェックアウトのNG行動9選」

・ホームセンターマガジン「Pacoma」Webサイトにて主剤記事掲載
「【プロ監修】内祝いとは?|相場から贈り物の選び方まで」

・読売新聞「発言小町」にて取材コメント掲載「旅行土産職場は迷惑?」

【プロフィール】
富山県射水市生まれ
トラジャル旅行ホテル専門学校夜間部ホテル科卒業

●趣味 : ホテル巡り、コンサート、読書
●好き: 海、笑顔、カツ丼
●嫌い: 人混み、不愛想、悪口
●好きな言葉: 苦しいときこそ人の役に立つ
●人生の軸(大切にしている価値観)
・自分と関わった人に出会って良かったと思ってもらえる
・誰もがイキイキと輝いて働ける社会をつくる
・一生懸命は人の心を打つ
・影響力の人間になる、そして励ましの天才になる
・面白い人生を送る
・大切な人と過ごす時間を大切にする
・行きたいところへ行く、やりたいことをやる、会いたい人に会いに行く。

目次

接遇マナー研修で目指したいこと

接遇マナー研修と聞いてどんなイメージをお持ちでしょうか?


お辞儀や立居振舞、言葉遣いをみっちり教え込まれ、「笑顔を出せ!」「やり直し!」と怒られ緊迫した研修でしょうか?

「社員の考えが甘いから厳しい研修をして欲しい」という社長の声はありますが、実際、怒られて嬉しい人はほとんどいません。


怒られると人は萎縮し、本来のチカラが発揮できなくなります。

接遇マナーに大切なことは「感じの良さ」です。


明るく楽しいこと。
正しさより明るさなのです。

接遇マナーを学ぶと、思いやりの心が芽生えます。
立居振舞に自信が持てるようになります。
お客様からいい反応が返ってくるようになります。

たとえ「ありがとう」の言葉がなくても、お客様が喜ぶ姿が嬉しいという気持ちになります。


「もっと喜んでもらいたい」と思って、どんどん相手のために動けるようになります。

バックヤードでは「おはよう!」「お疲れ様!」「ありがとう!」の元気な挨拶が飛び交い、いつも社内明るく、ニコニコ笑顔で働くようになります。

バックヤードでの本当の姿は、必ずお客様にも伝わります。


「会社全体で活気のある職場になり、毎日仕事が楽しい、自分は必要とされている、自分は価値のある人間である」

ということを、接遇マナーを通じて感じて頂けるようになるのが、私の講師としての想いです。

なぜこのような想いを持って活動しているかというと・・・

就職後、人生初の「挫折」でボロボロに

私は元々、小さな頃から勉強もスポーツも万能のいわゆる「優等生タイプ」でした。
ですが、初めて就職したホテルで人生初の挫折感を味わいました。


今まで何でもうまくやってきたはずなのに、全く認めてもらえなかったのです。

「何でそんな事も分からへんの?」
「もっと考えて動きや!」

毎日叱責されて、私の心はズタズタでした。

「笑顔!」と言われれば言われるほど引き攣った表情になり、電話が鳴れば、体がビクッと反応し、心臓はばくばく飛び出しそうなくらい緊張して、毎日仕事に行くのが嫌で嫌でしょうがありませんでした。

今の自分なら「もう少し頑張ってみて!」と言ってあげたいですが、当時の私は弱くて弱くて。

わずか1年で退職してしまいました。

逃げるように退職してしまい、次の職場でうまくいくはずはなく、転々と職を変えました。

私には居場所がない、何をやってもダメだ。

そんな事ばかり考えていました。

上司から学んだ「おもてなし」の心

それでも仕事をしなければ生活は出来ない状況だったので、私は藁にもすがる想いで、専門学校時代の先生に連絡を取ったのです。

そこで紹介してもらったのが、私の運命を変えた「大阪マルビル大阪第一ホテル」です。

しかし、変則的なシフトで夜勤もあったせいか、私は不眠症から色々体調不良になり、半年で退職を申し出ました。

すると意外な答えが返ってきたのです。

「夜勤減らしてあげるで!もうちょっと様子見てみいや~」

びっくりしました。

なんとか私が頑張れるように居場所を作ってくれたからです。

私はこの瞬間に「部下に対するおもてなし」を学んだような気がしました。

そしていつの間にか夜勤はゼロになっていました。

これは、他の社員にはない特例でした。
普通なら、単にラッキーだと思うのですが、私は逆に心配事を抱いてしまったのです。

「成果を出さなければ、いつクビになってもおかしくない・・・」

心を入れ替えた瞬間、何が起こったのか?

私は玄関や、エレベータから一番近いフロントカウンターに立って、


誰よりも早くお客様に気付き、
誰よりもお客様の立場になって行動し、
誰よりもたくさん接客することを意識し始めました。

するとどうでしょう?

月間ポイントカード獲得 第一位
笑顔アンケート 第一位
サンクスレター獲得第一位
こんな月間が少しずつ増えてきたのです。

年二回ある優秀社員表彰で4年間で5回表彰を頂けるまでになりました。

〇上半期、下半期でサンクスレター獲得第一位
〇ホテルのファンづくりにおける貢献
〇後輩の育成においてホスピタリティレベル向上
〇親切丁寧なコーチングによる、明るく働きやすい職場環境づくりでの貢献
このような大変ありがたい評価を頂きました。

特に後輩育成や職場環境づくりという面では

「古岡さんがいなかったら、多分辞めてました」
「教え方がうまくて分かりやすいです」
「プロフェッショナルで憧れます」

そんな風に言ってくれる後輩が増えてきました。

そして、私の記録を抜く後輩も出てきました。
もしかして、「私、若手社員に楽しく働く場所をつくるお手伝いが出来ているのかな?」と思えてきたのです。

そこから以前の私のような「仕事だから嫌だけど行く」という考えではなく


「楽しいから、同僚に会いたいから、お客様に喜んでもらいたいから仕事に行く」


という前向きでホスピタリティ溢れる職場になるようにお手伝いしたいと思ったのです。

 共感してくださった企業の社員様を支援したい

「会社全体で活気のある職場になり、毎日仕事が楽しい、自分は必要とされている、自分は価値のある人間である」

ということを、接遇マナーを通じて感じていただけるようになるのが私の想いです。

共感してくださった企業の社員様を支援し、誰もがイキイキと働ける社会をつくっていきます。

 

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる